エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性

エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性
エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性

資源ごみでエコな行動を

ごみの分別、というと「めんどくさい」というイメージが強いですが、この「ごみの分別」というのはとても大切です。なぜごみを分別しなくてはいけないのかといいますと、「再資源できるものを分別する」為なんです。特に資源ごみは分別して再度資源にする、つまりリサイクルするというのが目的です。資源ごみといえばビンやカン、ペットボトル、電池など、身の回りに溢れています。「燃えるごみ」として捨てることの多いトイレットペーパーの芯やメモ紙、ワイシャツの台紙、お洋服のタグなども、実は「ミックスペーパー」としてリサイクルすることができます。ルールは地域によって違いますが、リサイクルできるものって意外と多いんですね。

リサイクルをするということが日本にはとても大切だと思います。日本は小さな島国だというのに、ごみの多さはなんと世界で2番目なんだそうです!リサイクルをして資源を使いまわさなければ、資源はなくなってしまいます。逆にごみはどんどん増えていってしまい、日本はごみにあふれてますね。それによって環境は悪くなり公害も大きな問題になっていき…と悪循環を招いてしまいます。ごみを分別して資源を使いまわすことが環境破壊をおさえ、エコな好循環を招く、小さな第1歩になりますね。自分ひとりが行動することで、またその行動が広がることで日本の環境はもっと良くなるのではないかと思っています。ごみの分別というと奥さんやお母さんだけが意識するようなイメージがありますが、ごみというのはどこにいても出ます。エコな試みは男女年齢問わず意識して、資源を大切にしていきたいですね。

Copyright 2017 エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性 All Rights Reserved.