エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性

エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性
エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性

厳しい資源ごみの分別。これもエコの為?

台所の生ごみが溢れ返っているのですがどうしても家族が多いとゴミが出ますよね。市のごみの分別が細かくてついつい片付けがおっくうになってしまいます。最近はエコが流行ってゴミの分別の細分化に拍車がかかっているような気がします。どれも資源ごみだとかいってトレーはきちんと洗って水気をきってからじゃないとゴミに出せないし、ラベルをはがしたり素材ごとに解体したり。うちでは子供に手伝ってもらい、自分のゴミは自分で分別するように教育しています。ペットボトルならラベルをはがしキャップとボトルに分けて中を洗い乾燥させて捨てる事よ条件にペットボトルの飲料を買うようにしています。

しかし子供だと毎日そうはいきませんよね。おやつのプリンを与えたときなどは洗わずそのままゴミ箱に捨ててあったりします。うちの地区は特にエコに力を入れておりプリンの容器もフタと本体のカップに分け、中身を洗わなくてはいけません。毎日のことなのでめんどくさいこと極まりないのですがこれも決まりと言ってしまえば従うしかないのでしょうね。あと、珍しい取り組みとしてうちの市は全国ではじめてゴミをゴミと呼ぶのをやめる活動をはじめるそうです。そんなこと言ったってゴミはゴミだと思いますが、ゴミは資源であってゴミではないというのが市の主張です。誰の意見だか知りませんがこれからはスーパーマーケットにあるトレーの回収BOXにもゴミという表記は使われず、回収資源という表記に切り替えられるそうです。そんな表記にこだわっても意味ないのになあと思いますけどね。

Copyright 2017 エコを考える上で知りたい資源ゴミの重要性 All Rights Reserved.